カルシウム

ここでは、骨粗鬆所予防に必要な成分、カルシウムの働きについて詳しく記載しています。カルシウムの多い食品も載せているので参考にしてください。

カルシウムの働き

カルシウムは人間の体の中でも1番多いミネラルであり、全体重の2%ほどがカルシウムで占められているそうです。例えば、体重60kgの人の場合は1.2kg程がカルシウム分ということになります。

体内のカルシウムの99%は骨や歯として存在し、残りの1%は筋肉や神経、血液中に存在しています。

骨にあるカルシウムを貯蔵カルシウム、血液中などにあるカルシウムを機能カルシウムと呼んでいます。

私たちの体は、機能カルシウムの働きによって、細胞の分裂・筋肉の収縮(心臓を含む)・神経細胞の興奮・ホルモンの分泌・血液凝固などを正常に行うことができています。

しかし、カルシウムの摂取量が少なく体内のカルシウムが不足状態になると、生命を守るために骨(貯蔵カルシウム)を溶かして、必要なカルシウムを血液中に放出するようになっているのです。この状態が長く続くと骨が次第にスカスカになり、やがては骨粗鬆症になってしまいます。

機嫌のいい女性の画像カルシウムの摂取量が不足しているということは、実は体にとても大きな影響を与えているということ。

カルシウムは、ただ骨や歯を構成するための要素としてだけではなく、体の様々な生理機能を調整したり、心を安定させる働きも担っているのです。

カルシウムが豊富な食品

  • カルシウムヨーグルト画像牛乳
  • プロセスチーズ
  • プレーンヨーグルト
  • うなぎ
  • 丸干しいわし
  • 木綿豆腐
  • 納豆
  • 小松菜
  • かぶの葉
  • 枝豆
  • 切干大根
  • チンゲンサイ
  • ひじき
  • ししゃも など

注意点

カルシウムは吸収されにくい栄養素。

成人での吸収率は30%と言われているので、効率よく摂取するためには、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを含む食品とともに摂取したり、日光に当たることなども必要です。

日本人の食生活ではカルシウムが不足しやすく、世界で最もカルシウムの摂り方が少ないと言われているくらいなので、過剰摂取についてはあまり心配ないようです。

しかし、厚生労働省によると成人の1日の摂取量の上限は2,300mg(牛乳2リットル以上)とされています。サプリメントでカルシウムを摂取する場合は念のためこの量を気にしておくと良いかもしれません。

一方、骨粗鬆症の予防や治療のためには、少なくとも1日1,000mg~1,500mgのカルシウムが必要とも言われているので、こちらも参考にしてみて下さい。

骨粗鬆症予防におすすめのカルシウムサプリをチェック>>