女性に多い現代病・骨粗鬆症とは

このカテゴリでは、女性に多い病気の一つ「骨粗鬆症」についての基礎知識をまとめてみました。

女性にとって身近な骨粗鬆症

骨粗鬆症になるリスクは年齢とともに上がっていき、50歳以上の女性の3人に1人が骨粗鬆症であるといわれています。正確には、50代女性の9人に1人、60代女性の3人に1人、70歳以上の女性の2人に1人の割合です。

これほど身近な病気であるにも関わらず、日常生活で骨粗鬆症予防を気に掛ける人は少ないのが現状。

「骨が弱くなるのは老化現象だから…」と諦めてしまう方が多いようですが、骨粗鬆症は明確な「病気」です。

病気ですから病院で治療することも可能ですし、日常生活の中で予防していくことももちろんできます。

更年期移行の女性にとってはとても身近な病気ですから、まずは正しい知識を身につけてしっかりと予防をしていくことが肝心です。

原因その1・原発性骨粗鬆症

遺伝的要素や加齢、生活習慣によって起こる骨粗鬆症について詳しく解説。女性であれば誰でも骨粗鬆症リスクが高いことがわかってもらえると思います。

原因その2・続発性骨粗鬆症

特定の病気や薬の影響で骨粗鬆症になることもあるようです。持病のある方や治療中の方は、念のためチェックしてみて下さい。

主な症状

骨粗鬆症の主な症状を調べてみました。骨粗鬆症を早期発見するためのチェックシートも載せているので是非ご覧下さい。

男性や子供も骨粗鬆症になる?

骨粗鬆症は女性にだけ起こる病気ではありません。男性も高齢になると骨粗鬆症になるリスクがあります。また、子供の骨を弱くしてしまう要因についても調べてみました。

骨粗鬆症が招く?ロコモティブシンドロームとは

近年問題視されているロコモティブシンドロームと骨粗鬆症の関係を調べてみました。簡単ロコモチェックもあります。

【コラム】骨粗鬆症は治るのか

骨粗鬆症になった場合、専門の病院で治療を受ける必要があるでしょう。病院では症状の改善のため、薬や食事療法などの治療を行ってくれます。

ここで気になるのが、こうした治療を受けることで本当に骨粗鬆症が完治するのか、ということです。もしも骨粗鬆症だと診断されたとしても、治療さえ受ければ安心できるのでしょうか?

女性の寝たきり・要介護の原因第5位が「骨折・転倒」

厚生労働省の発表によると、女性が要介護となる原因の第5位が骨折・転倒とのこと。

この「ちょっとしたことで転んで骨折してしまった」という背景には、骨粗鬆症の影響が大きいと考えられています。特に、太ももの付け根部分の骨を骨折してしまった場合、歩けない状態が長く続くため、それが寝たきりの原因になってしまうのです。

もし、定期健診などで自分の骨強度が低下しているとわかったら、転倒には十分に注意しなくてはいけません。

骨粗鬆症の一番恐いところは、この「転倒による大腿骨近位部の骨折」から「要介護」になってしまうことです。

寝たきりになると、自分が思うように生活できない、家族に迷惑がかかる、医療費がかかる…と精神的なストレスが大きくなり、結果として死亡リスクを高くしてしまいます。

生涯自分らしく健康的に暮らすために、骨粗鬆症予防はできるだけ早めに取り組んでおくことが大切だと思います。